カラ売りと証券会社

右肩上がりの相場では「陽線」が多くなるため、信用のカラ売りには注意が必要です。
全体相場に上値圧力が高まっているので、少し下げてきたからとか、あまり上がらないからということでカラ売りを仕掛けても、大した成果が上がらないどころか、逆に踏み上げを食ってしまいます。
まとめると上げ相場では、下値での調整は長くは続かないので、カラ売りによる利幅は取りにくいということですね。
カラ売りの損は無限大の可能性があるので最大限の注意が必要です。
リスクも投資家の醍醐味とはいえますが、気をつけなければいけませんね。
そのためにもリアルタイムにチャートを追いかけてリアルタイムに売買ができるネット証券がお勧めです。
こちらの証券会社サイトを参考にしてください。
証券会社選びに迷った場合の手助けにもなりますよ。

買取サイト

盛岡の太陽光発電を推奨する業者
自宅の屋根に太陽電池を取り付け、環境に優しいエコライフを☆

株式会社ユリアインターナショナル
インターネットテレビ配信や健康料理、動画レシピなどの配信を行っています。

思い出に残る結婚式の二次会の余興に是非ご検討下さい。
その他にも、企業パーティー、イベントなど様々な催しでご利用頂けます。

最新投稿

  • 含み損と証券会社

    スイングトレードで高率のよい投資の仕方は「押し目買い」に徹することです。
    ただ、わかっていても、ついつ…

  • 利益確定と証券会社

    相場を気長に待つ人にとっても、手持ちの銘柄が意外に早く吹きあがったときは条件が異なります。
    上昇トレン…

  • 人気銘柄と証券会社

    人気銘柄は当然ながら出来高が増えて売買は盛んになります。
    この銘柄はデイトレードで小幅の利益は取れるの…

  • 買い乗せと証券会社

    時代の潮流を捉えたビジネスは不況知らずといえます。
    その中でも社内に広がるSNS(ソーシャル・ネットワ…